セラミド化粧品おすすめランキング 乾燥&敏感肌に安心の保湿ケアは

MENU

セラミド「成分」の種類は7種類

 

私たちの皮膚にある「セラミド」は、細かく分類すると7種類あり、
それぞれの種類で働きが違います。

 

  • セラミド1    外部刺激に対してのバリア機能 
  •  

  • セラミド2    人の肌、毛髪に最も多いセラミド。

               角質層をバランスよく働きがあり、保水機能に優れています。

  •  

  • セラミド3    保水機能が高く、シワを減らす機能もあり。年齢とともに減少。
  •  

  • セラミド4・5  水分を保持する 
  •  

  • セラミド6    保湿機能が高く、ターンオーバーを促進する機能。

             年齢とともに減少していく。

  •  

  • セラミド7    抗炎症・抗菌作用が期待できる

セラミド「タイプ」は3種類

 

また、セラミドは、成分ごとの働きによる種類の分類以外にも、
製法や原料によって、3種類のタイプに分類されます。

 

天然セラミド

 

セラミド,種類,タイプ,効果

天然セラミドには、
牛や馬などの大型動物由来のセラミド と
小麦や米ぬかなど、植物由来のセラミドと2種類があります。

 

天然セラミドは、自然あるものが由来のため、
人の皮膚にあるセラミドと、構造がよく似てい、
乾燥肌の改善に最も効果があるとされるタイプです。

 

ただ、原料も高く、実際に天然セラミド使用の化粧品は
値段が高いのが欠点でもあります。

 

 

 

合成セラミド (活性型セラミド)

 

合成セラミドは、
人の皮膚にあるセラミドと100%同じ構造で合成されたセラミド

 

保湿効果も非常に高く、
保水機能も優れているのが特徴です。

 

 

セラミド化粧品でよくみかける
「天然型セラミド配合」とは、天然セラミドではありません。

 

実は、天然のセラミドそっくりに合成された、合成セラミドのこと

 

 

天然型セラミドは、成分表では、
「セラミド1」「セラミド2」など、
セラミドの後ろに数字が表記されています。

 

合成セラミドは、天然セラミドよりも安価で購入でき、
天然セラミドとほぼ同等の効果が実感できるので
現在、セラミド化粧品に多く使われています。

 

 

 

合成疑似セラミド

 

合成疑似セラミドとは、
花王が開発したセラミドによく似た成分

 

あくまでも、「セラミドと似た」成分であって、セラミドではありません。

 

また、人の皮膚にあるセラミドとは構造が違うので、
全成分表示の欄にも「セラミド」と表示ができません。

 

 

 

おススメは合成セラミド

 

セラミド,種類,タイプ,効果

セラミドには、様々な種類やタイプがありますが、
おすすめはリーズナブルな価格で高い効果が実感できる、
【合成セラミド】配合のセラミド化粧品です。

 

 

合成セラミドは、成分表には
  ・天然型セラミド
  ・ヒト型セラミド

 

などと表記されている場合がほとんど。

 

これらを目印に、乾燥肌対策のセラミド化粧品を
選んでみてはいかがでしょう?

 

当サイトで人気の合成セラミド化粧品は

 

セラミド,種類,タイプ,効果

当サイトで人気のある、乾燥肌対策に効果的な
合成セラミド化粧品は、POLAやオルビスのメーカーが開発した
【ディセンシア】という商品です。

 

【ディセンシア】は、敏感肌専用のセラミド化粧品なので、
肌トラブルを起こしがちな肌が弱い方にも安心。

 

口コミ評判もよく、92%の方がディセンシアの保湿効果に満足
答えています。

 

ディセンシアの詳しい情報は>>